10月29日(月)


 毎週月曜日の朝、上田駅前で続けているモーニングスピーチ。29日で750回になりました。共産党上田市議団のみなさんと組んで、時々の話題をお話ししています。通りかかったら声をかけてくださいね。これからも、よろしくお願いします。

     


もっと見る

 


 

 
2018-10月23日(火)つれづれ日誌

 記録的な酷暑の中での知事選挙(8月5日投票)は、阿部守一氏が3期目の当選となりました。現職に一騎打ちで迫った金井忠一候補は、短期間に77全市町村を訪れ、全県下の皆みなさんと意見交換交流を重ね、

1つ、安倍首相から推薦状をもらい、憲法を踏みにじり、国民いじめの暴走政治に対しものが言えない知事ではなく、県民の暮らしの声を国にはっきりもの申す。

二つ目は、リニアよりクーラー!と酷暑の中で県民の命と健康を守るために、すべての教室にクーラーを設置すると公約、多くの県民の共通の願いとなり、選挙後阿部県政において県立高校すべての教室に2年がかりで設置すると表明され、県政を動かしました。また、さまざまな不安山積の巨大リニア開発は立ち止まり、限られた予算は暮らし応援に充てるべき!との主張は、格差拡大、国民いじめの政治から、県民の暮らしを守る旗印です。

三つ目は、大北森林組合補助金不正支給問題です。2期目の森林税継続かどうかを審議する時点(H23年~24年)ではすでに、大北森林組合補助金不正が盛んに行われていました。7年間にわたり700件の不正で約14億5千万円が不正に支払われ、H26年の現地職員から内部告発があったにもかかわらず、その夏の知事選挙はこのことを表に出さず、阿部知事の県民への発表はH27年1月です。この経過にかかわる資料を公開請求すると、ほとんどマーカーで消されたり、8月1日提出した県監査委員会の調査資料も277ページすべて真っ黒、のり弁書類です!

 阿部知事は不正の最高責任者として一旦知事を辞めるべき――と金井さんは訴えました。たとえ1件でも補助金不正事件は首長の首がかかった事業!との訴えは知事候補としての税金に対する正義、不正は許されない!との強い決意の言葉です。阿部知事からは残念ながら聞かれません。

 安倍政治=国の森友・加計学園不正事件の解明、税金に対する姿勢を、厳しく追及してまいりましょう。国や県の公務職員の名誉にかけても!

 さて沖縄では、故翁長雄志前知事の命がけの決意を受け継いだ玉城デニーさんが過去最高得票で当選、知事に就任され、続いて豊見城市長選でもオール沖縄の候補が勝利!さらに先週は県庁所在地の那覇市でも翁長知事そして玉城知事と心を合わせる城間幹子氏が再選勝利されました。政権与党の自民公明勢力に対し3連勝です!また京都大崎町長選挙では、自民公明推薦の現職に共産党と民主町政の会推薦の前川光氏が勝利!

◎沖縄から続いて、全国へ燎原の火のように政治を変えよう!

◎世界に誇る憲法を土台とした国づくりを!9条改憲はさせない!

◎政府は自立した国家としてアメリカに物を言うべき。

◎軍事拡大より平和と暮らしを守る政治を!

◎医療福祉、社会保障の充実を!

◎暮らしや地域を痛めつける消費税10%増税は反対!

◎農林商工業を底支える経済対策を!

◎原発ゼロ!再稼働は絶対ダメ!安全で丁寧な廃炉作業を!

◎核兵器廃絶の声を日本政府は発信すべき!

 私高村京子は、県議会の看護師として、県民のみなさんの健康と安心の暮らしのために頑張ります。

徒然日記のページはこちらから→→→



高村京子事務所

長野県上田市中央4-11-9

Tel0268-28-5822   Fax0268-28-5821
   
 
詳しくは